CADLUS One Pro

様々なプリント基板設計をサポートする豊富な機能を搭載

同時並行設計機能

同時並行設計事例1
設計納期を大幅に短縮可能
  • 設計領域の制限無し
  • 設計者間の作業状況をリアルタイムに把握
  • データの分割・合成の必要なし
  • 部品配置段階から並行設計が可能
  • 熟練者と初心者の協調作業による教育的効果
  • 複数人数での設計により、個人にかかる精神的負担を軽減
  • 最大6名までアクセス可能

オプション価格一覧

機  能  項  目 内 容 価格
同時並行設計機能

2人以上6人までの設計者が同時進行で、1つの基板を領域制限無しにパターン設計ができます。
設計納期を大幅に短縮可能。

(CADLUS One Proには標準セット)

¥200,000
外形加工ルーター出力 基板外形の外形加工データフォーマットを出力します。 ¥200,000
押しのけ配線 配線パターンの入力・修正時、配線済パターンを押しのけて、配線することが可能になります。 ¥50,000
基板データの自動バックアップ ネットワーク上のパソコンより、定期的に設計中の基板データをファイルサーバーに吸い上げて圧縮保存する(一次バックアップ)また、それらのデータを別の装置に二次保存できる。 ¥100,000
各社実装CAM出力 部品実装各社専用に合わせたフォーマットにてマウントデータを出力することが可能になります。 ¥50,000
他社ネット出力 ネットデータを各社の回路図フォーマット(44種類)に変換します (EDIFフォーマットは出力出来ません) ¥50,000
ガーバーイン ガーバーデータをCADLUSの基板データに取り込みます(拡張ガーバー対応)ガーバー編集機能が追加されます。(Pro、Liteには標準セット) ¥200,000
IDF入力 機械系CADとの3DデータインターフェースとしてIDFファイルの入力が可能になります。
3DCADで部品を移動した場合に変更箇所が適応されます。
¥200,000
IDF出力 基板系CADとの3DデータインターフェースとしてIDFファイルの出力が可能になります。
基板・部品のデータを3D化して筐体との干渉をチェックすることが可能です。
¥200,000
ODB++入力 ODB++ファイルをCADLUSの基板データに取り込みます。 ¥400,000
ODB++出力 CADLUSの基板データをODB++ファイル出力致します。 ¥400,000
LPB出力 CADLUSの基板データをLPBファイル(Gフォーマット)で出力致します。 ¥200,000

【単独・ソフトウェア】 全てのモデルでご利用出来ます

機  能  項  目 内 容 価格
CR-IN変換 PWS CRのPWSアスキ-データをCADLUS基板データに変換します。(CADLUS One Proには標準セット) ¥200,000
CR-OUT変換 PWS CADLUSの基板データをCRのPWSアスキ-データに変換します。 ¥200,000
CR-IN変換 BD CRのBDアスキ-データをCADLUS基板データに変換します。(CADLUS One Proには標準セット) ¥300,000
CR-OUT変換 BD CADLUSの基板データをCRのBDアスキ-データに変換します。 ¥300,000
CR-双方向変換 BD CADLUSの基板データとCRのBDアスキ-データを双方向変換セット。 ¥500,000
デザインファイル-IN シミュレーション後の部品配置データ、自動配線後のパターンデータをCADLUS基板データに変換します。 ¥150,000
デザインファイル-OUT CADLUSの基板データをデザインファイルに変換します。 ¥150,000
EXP-IN メンター社のエクスペディションファイルをCADLUSの基板データに変換します。 ¥200,000
EXP-OUT CADLUSの基板データをメンター社のエクスペディションファイルに変換します。 ¥200,000
ODBG-OUT CADLUSの基板データをエンタープライズ向けにODBGファイルに変換します。 ¥150,000