エレファンテック株式会社CADLUS PCBデータ製造対応開始のお知らせ

CADLUS® PCBでは、ガーバーなどの図面データを出力せずに、CADLUSデータをCADLUS対応基板メーカーに送るだけで製造が可能となる仕組みを提供しています。

このたび、プリンテッド・エレクトロニクス技術で完全な型レス・ローコストのFPC「 P-Flex™」製造を展開するエレファンテック株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:清水信哉様)がCADLUS対応基板メーカーとなり、CADLUS圧縮データ(.COMPデータ)をお送り頂くことで製造が可能となりました。

エレファンテック株式会社 https://www.elephantech.co.jp
〒104-0032 東京都中央区八丁堀4丁目3-8
TEL:03-6280-3271
エレファンテック株式会社は、印刷によるFPCの完全型レス量産を実現した企業です。
「必要な部分にのみインクジェットで金属を印刷し、さらにめっき技術で金属を成長させる」という従来と全く異なる独自の製造方法により従来のフレキシブル基板に比べて工程を2分の1、廃液量を10分の1以下とし、製造コスト・リードタイムの削減を実現、試作・量産にも柔軟に対応しています。

P-FLEXとは

P-Flex™は、耐熱PETにインクジェットプリンタで銀ナノインクを印刷し、その上から無電解銅めっきを形成する「プリントした銀の回路の上に銅めっきを重ねるという技術(ピュアアディティブ™法)」で製造されたフレキシブル基板(Flexible Printed Circuits)です。

これまでの電子回路は、フォトリソグラフィと呼ばれる、全面に金属を貼った上で不要な部分を溶かす、という製法で作られてきました。エレファンテック株式会社の開発したピュアアディティブ™法は、これまでとは全く逆の発想で、必要な部分にのみインクジェットで金属ナノ粒子を印刷し、さらに無電解めっき技術で金属を成長させるという独自の製造技術です。

その結果、従来製法で必要だった「版」が不要となり、材料、工程が削減され、大幅なコスト削減と納期の短縮化を実現。多品種小ロット生産や試作工程などに活用が期待されます。

型代ゼロ・コスト削減

基板製造イニシャル0円

これまで新しく基板を作る度に10万円~の型費用がかかっていましたが、ピュアアディティブ™法では金属パターンとソルダレジストをインクジェットプリンタで印刷するという製法により型代ゼロを実現。

また「不要な部分の金属を削る」既存の製造方法に比べて、「必要な部分にだけ金属を積む」独自製造方法のピュアアディティブ™法により必要な材料費が削減され、少量生産ではコストを半分から5分の1に削減し、量産時でも省材料化によりコストメリットがあります。

製造仕様

基材 透明耐熱PETフィルム 50 µm厚(125 µm厚は特殊仕様として対応)
最小パターン幅/間隔(L/S) 200/200 μm(200/150 μmは追加費用・納期で対応)
最小穴径 1.0 mm
外形-パターン最小間隔 0.5 mm
銅膜厚 3 μm(6 µm は応相談)
最大外形サイズ 180 × 270 mm
配線層 片面のみ
レジスト塗布 UVインクジェット印刷方式(緑色)
シンボル印刷 UVインクジェット印刷方式(黒色)
表面処理 酸化防止処理、無電解 Ni-Au めっき(追加費用・納期で対応)
外形加工 レーザーカット対応
穴加工 レーザーカット対応
補強板 厚さ 0.5mm のガラスエポキシ板により対応
コネクタ部の厚み指定が必要な場合、粘着 PET フィルムにより総厚 200, 300µm に対応
その他応相談
検査 外観検査 + オープンショートテスト

まずはこちらをご覧ください

よくある質問(FAQ)

CADLUS One 製品全般に関するよくあるご質問にお答えしています。

お気軽にお問い合わせください

電話問い合わせ

CADLUS One サポート担当が丁寧にご対応いたします。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせフォーム

お問い合わせのメール窓口です。お気軽にお問い合わせください。